カリキュラム

3つのちからが身につく4つのアプローチ

キッズラボで生活するだけで、自然と主体性・創造力・共感力が育ちます。

理由1 生活をしていくだけで力のつく仕組み
楽しく過ごせるのはもちろんのこと、キッズラボでの生活は、カリキュラム面と生活面から力を育む仕組みを用意しています。
理由2 スタッフが1人1人と時間をかけてコミュニケーション
”やりたいけれど伝えられない””あれっと思ったけど忘れてしまう”など、3つの力を育てるには、一瞬一瞬を見守り、コミュニケーションしていくことが必要です。スタッフがしっかりと時間をかけて、お子様とコミュニケーションをすることを心掛けています。

自分で学ぶ力を育てるエミリーキッズラボのカリキュラム

探究ラボ

好奇心と学びがつながる

疑問や好奇心を持ったものをとことん研究して、
みんなに発表して、みんなの声をもらおう!
探求ラボ

キッズラボの目指す新しい学びのかたち、”自ら学びをつくる”カリキュラムです。
自分の気になったことをテーマに研究します。そしてその結果を発表します。
研究の発表をみんなが聞いてくれて、自信がつきます。

いろいろラボ

興味の種をまく

自然・工作・アート・科学・運動・音楽…いろいろなジャンルの
経験をどんどん積んでいきます。じっくりと経験をすることで、知識を
増やすだけでなく、興味や好奇心の幅を広げていきます!
日替わり(いろいろ)プログラム
日替わり(いろいろ)プログラム
われないシャボン玉を開発しよう
チームワーク学~ミニゲームを通してチームワークを学べ!~
テーマは∞!!
英語で学ぶお絵かきプログラム
英語で学ぶお絵かきプログラム
※水曜のみ
描き方を学ぶことは、題材を知り、観る力と表現する力を育むこと。自然な英会話も身につきます!
(講師 Shapes&Shadows Drawing Studio)
からだを動かすプログラム
からだを動かすプログラム
身体には上手な使い方があるんです!運動を通して身体の使い方を探究!
(講師:NPO法人 ドリームスポーツ)
パズルプログラム
パズルプログラム※月曜のみ
答えは一つじゃない!ブロックを使った楽しい図形パズルやゲームで、手を動かしながら空間認識能力を高めよう!
(提供:株式会社アーテック)
公園プログラム
公園プログラム
秋の公園はどんな様子かな?
オリジナルのあそびをかんがえよう!
じっせんプログラム
1クールの最後の週にみんなで話し合った”やってみたいこと”をやってみます。
みんなと協力してプログラムをつくってたのしい!

1週目2週目3週目4週目5週目6週目7週目8週目
パズルいろいろパズルからだパズル公園いろいろじっせん
公園いろいろ公園いろいろからだいろいろ公園じっせん
お絵かきお絵かきいろいろいろいろお絵かきお絵かきいろいろじっせん
からだいろいろからだいろいろ公園からだいろいろじっせん
いろいろからだいろいろ公園いろいろいろいろいろいろじっせん

2か月を1クールとし、クール開始の1カ月前にスケジュールをお知らせします。
※祝日の状況によって、随時日程が変わります。

エミリーキッズラボで過ごす一日

自己選択

1日の予定を自分で決めること(自己選択)を通じて、
主体性を高めていきます!

キッズラボでは、”自分がどうしたいのか決めてやってみること”を支援します。
そのため、1日の中で選択の機会が多くなっています。
自分の気持ちを伝えることができるようになるために、1人1人の気持ちや表現を見守り、
しっかりと時間をかけてコミュニケーションしていきます。

自分で決めよう
自己選択

共同生活

ミーティングでは、パーティーをしたり、
おやつを食べながら話し合いをしたりします
おやつミーティング

15:30~16:15 は、おやつを食べながら自由参加のミーティング時間です。

おやつミーティング

この時間ではこんなことを話し合います

  • いろいろラボで「みんながやってみたいこと」
    (1クールに1回、みんなで話し合ったことをやってみるんだよ!)
  • 最近気になっていること
  • 次のクリスマスはどんなことをしよう?
  • 今月たんじょう日のおともだち、お祝いしよう!
  • てつがくおしゃべりカード
ラボ日誌・ラボレポート
ラボ日誌・ラボレポート
ラボ日誌
1今日一日どんなことがあったかな?
おうちのひとや、キッズラボスタッフ、お友達に知らせたいことを書きます。
この日誌は、保護者も見ることができます。
ラボレポート
2クールに1回、これまでどんな歩みをしていたのかのレポートが、お子様に渡されます。
成績のように数字で表すのではなく、言葉で伝えることがこだわりです。
1人1人の歩みを言葉で表すのは簡単ではありませんが、だからこそ、1人1人にあった成長のヒントや喜びを伝えることができるのです。